2017年05月03日

お客様の声 N・Y様

千葉県 公務員 N・Y様

ロードバイクが趣味で、近所の自転車販売店の店内で整備や修理をされているそうです。
レポートにしてしっかりまとめて頂きました。

N・Y様ありがとございました。



自転車の組立、修理、調整で使用しています。

通常2mm、2.5mm、3〜5mmのものを使用しますが、1台の自転車で1セットを使用します。これを多い日で3〜4台の修理等を行いますが、近くで行っている人のものと混同してしまいます。特に2mmと2.5mm、4mmと5mmは見て太さがわからないことから悩んでいました。また外へ持出すこともあり1セットを持ち出す時に、4mmがなく、5mmが2本あるということもあります。

"レンチ置き台"をGoogle検索で探してヒットしました。

同じ様な物を探しておりましたし、当選するとは思っていませんでした。

重量感を想造し、多少長いレンチでもしっかりホールドできそうだと考えました。またコンパクトで持ちはこびにも適している。サビに強そうと考えました。



・通路での修理
自転車の修理は、サドルやハンドル周辺の高さから、地面数センチ上の高さまであり、その際使用する工具類は、基本的に床上においている。見ただけでは、手元に置いてあるサイズがどれなのかを判別ができない。また、気づかないうちに、蹴ってしまい紛失。六角レンチは特に使用頻度が高く、締める順番が決まっており、その際に4mm、5mmのレンチを頻繁に交換しながら使用する。(例:ステムは5mm、アンカーは6mm、ハンドルは4mmを使用)
レンチスタンドにより、すべてのレンチを立てた状態で保管できる。これにより@目的の大きさのレンチを一目で判別できる。A紛失の心配がない。B踏みつける心配がなくなる。C歩行者の歩行を邪魔しなくなる。D重量が幸いし、多少長い・重いレンチであっても確実にホールドできる。

・作業台での修理
作業台周辺では、自転車が高い位置にあり、台の上の限られたスペースにレンチを置いている。台が少し動くたびにレンチが床に落下し、紛失してしまう。レンチスタンドを使用すると、整理整頓はもとより、紛失の心配がなくなった。(底面にマグネットを貼付。)
参考:テーブルの上での作業においても、多数のレンチを整理できるようになった。また、穴の大きさが絶妙で、出し入れに抵抗がない。

・要改善点
自転車の修理現場としての改善意見
@グリップ付きのレンチを整理できるよう穴の間隔を広げてはどうか。
A大きいサイズはあまり使わないので、3、4、5mmを2本ずつにしてはどうか。
Bその他のユーザーで可能な改善として、底面にマグネット貼付けと滑り止めや金属上でのより固定力の増加がが確認できた。
posted by TSUKAGUCHI at 16:23| Comment(0) | スポーツ自転車
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: