2019年12月07日

お客様の声 ラ・ジスタ サイクリングショップ 宮城義一様

京都府木津川市 自転車修理販売 ラ・ジスタ サイクリングショップ 宮城義一様

木津川市でサイクリングショップを運営されている方に六角レンチスタンドをご試用して頂きました。

こちらのお店は京都と奈良の県境にあり、ロードバイク・マウンテンバイク・シンクロクロスなどのスポーツバイクを主に扱われているお店です。

店主の宮城さんは子供のころから自転車に乗るのが楽しかったそうで、学生時代は自転車競技部、就職先はスポーツバイク専門店や輸入代理店と、人生ずっと自転車に関わってこられ、本当に自転車が好きな方なのだなと思いました。

スポーツ自転車にはキャップボルトが多用されており、自転車の組立てやメンテナンス時には六角レンチの使用頻度が高いそうです。
そのため、ホルダーへの出し入れが面倒だと感じておられました。

そこで今回ご訪問させて頂き、ご使用されている六角レンチを見せて頂いたのですが、実はそこで大変ショックを受けました。

なぜショックを受けたかと言いますと、弊社の六角レンチスタンドでは対応できそうにないレンチだったからです。(Befoer写真参照)

通常の六角レンチは六角棒を曲げて作られており、弊社のスタンドは六角棒がきっちり入るように穴の大きさを決めて作っています。
しかし、店主さんが使用されていたレンチはドイツのWERA(ヴェラ)というメーカのもので、丸棒を曲げて作られている丸柄タイプでした。丸柄タイプは対応する穴径がちがうため、このスタンドの穴には入らず使えないのです。

でもさすが店主さん、サイズの表示を無視して、入れる穴の位置をずらせば入るからと、それで取りあえず試用して頂くことができました。穴径が合わないので多少傾いたりしていますが、立てて使って頂いています。(After写真参照)

丸柄タイプのレンチは、六角部分を削り出して作る必要があり高級品だと思います。こんな高そうな工具を使われているのかと正直驚きました。

使用されてる工具の事についても色々とお話を聞かせて頂きました。
工具の種類やメーカについても非常に詳しく、こだわりをもって工具を選ばれていいるのだと思いました。多少高くてもいいものを使って整備されているそうです。また、普段から作業性が良くなるように色々と改善されているようで、工具の整理は「永遠のテーマ」だと言われていました。

昔は、輸入工具を実際に手に取ってみて買える店頭販売のお店があったそうなのですが、ネット通販のお陰で最近はそういったお店がなくなり不便になったそうです。

六角レンチスタンドも実際に手に取ってみないと重さや安定感などが分からないので、店頭販売して頂けるようになったらいいなと思っているのですが・・・。(写真を見ただけではすぐ倒れそうと、みなさん思われているようです。)

今後は丸柄タイプのレンチにも対応できるように検討していきたいと思います。

宮城様 ご協力ありがとうございました。



Before:現在ご使用されているレンチのセット


六角レンチスタンド続きを読む
posted by TSUKAGUCHI at 18:24| Comment(0) | スポーツ自転車

2019年09月15日

サカノシタ プライベート展示会

2019/9/6(金)9/7(土)に京都パルスプラザで開催されました、サカノシタプライベート展示会にて、六角レンチスタンドを展示して頂きました。

サカノシタ プライベート展示会
展示会場入り口

六角レンチスタンド
出展企業様のご厚意により、一緒に展示して頂きました。

株式会社サカノシタ様
一緒に展示して頂いた企業様
ご協力ありがとうございました。

posted by TSUKAGUCHI at 14:27| Comment(0) | 日記

2019年08月18日

お客様の声 N・P株式会社 N・T様

京都府福知山市 製造業 N・P株式会社 N・T様

工業団地で樹脂部品を生産されている方に六角レンチスタンドをご試用して頂きました。今回は株式会社サカノシタのS様のご協力により試用して頂くことができました。

こちらの工場では射出成型機で樹脂部品を製造されており、その金型を整備する時に六角レンチをよく使われています。

金型はかなりの重量があるので、床の上にゴムのシートをしいてその上で金型の分解・組立などの作業をされているそうです。
そこに六角レンチやボルト等が入ったコンテナボックスを持ってきて作業されています。

以前は樹脂のホルダーを使っていたそうですが、やはり出し入れがしずらくレンチがバラバラになっていたそうです。
そこで、すでに自分でスタンド的な物を作って使用されていました。
(下記:Before写真参照)

それを今回、六角レンチスタンドと交換して試用していただきました。

自作のスタンドと比べると六角レンチがコンパクトに並ぶようになったと思います。

六角レンチのサイズが表示されていて分かりやすいのと、樹脂のホルダーでは収納できない12、14のサイズが収納できるので使いやすいと評価を頂きました。

しかし、レンチ同士の間隔が狭く出し入れしにくい時があるとのことでした。

樹脂製のホルダーも同じだとは思いますが全体をできるだけコンパクトにするために間隔を狭くしています。
間隔を広くすることも可能ですが、指が隣のレンチに当たらないようにするには倍以上の大きさにする必要があり、悩ましいところです。


ご試用して頂いたN・T様
試用をすすめて頂いたS様
ご協力ありがとうございました。



Before:自作スタンド使用



After:六角レンチスタンド使用



金型の整備

・ホルダーからの取出しがやりにくい
・レンチがバラバラになる

商社さんから

すすめられてすぐに応募しました

とても便利そうだった

・レンチの呼び番が表示されており分かりやすい
・右左との間が若干せまく出入れがしづらい場面があった
・12、14までスタンドに収納でき使いやすかった

posted by TSUKAGUCHI at 14:52| Comment(0) | 製造業

2019年06月09日

お客様の声 住友理工ホーステック Y・K様


京都府綾部市 製造業 住友理工ホーステック株式会社 Y・K様

今回は高圧ホースを製造している工場の技術部の方に六角レンチスタンドをご試用して頂きました。

工場内は綺麗に整理整頓されており、5S活動やQC活動などしっかりされているとろこだと思いました。

工場の通路を歩行中、交差点のたびに左右を指差し呼称されているのには少し驚きました。

六角レンチは、ホースの試験用冶具をセットする時に使うそうです。

少し大きめの作業台が置いてあり、台の上はもちろん下や周りには何もなく綺麗にされていました。

作業台から少し離れた所にスチール保管庫が置いてあり、色々な工具をそこに収納されています。
六角レンチは、その中の下段の工具箱のなかにありました。

六角レンチが必要は時は、そこに取りに行き、作業が終わればそこに戻します。
ここへの出し入れに手間がかかるとお考えのようでした。

作業台の直ぐ横に棚が一つあるのですが、今はそこに六角レンチスタンドを置いているので、使いたい時にすぐに使えるようになったそうです。場所を取らずに置けるのが良いとのこと。

ただ、六角レンチだけをこの棚に置く、というのも少し違和感があるように思います。

すべての工具を保管庫に収納するのではなく、良く使う工具を厳選して作業台の近くに置くようにしたらもっと手間が減るのかもしれません。


今回は六角レンチをホルダーから取り出す時の手間ではなく、置き場所を変えることによって保管庫へ取りに行く手間が減るという話でした。

六角レンチスタンドは作業する場所のすぐ近くに置くようになるので、セットを取りに行く手間とレンチを取り出す時の手間の両方が減るというになります。

別の場所では、生産設備のメンテナンスをする時に六角レンチを使われており、工具は専用台車に収納して移動しながら使っているそうです。自作された台車で綺麗に工具が収納できるようになっていました。その台車に六角レンチスタンドを置いてもらうには、いい置き場所がなく難しそうです。このような移動台車に固定するための器具を何か考える必要があるのかなと思いました。

展示会ブースをご訪問していただいたT・S様
工具台車を説明していただいたI・M様
六角レンチスタンドをご試用していただいたY・K様 

ご協力ありがとうございました。


Before:少し離れた所にある工具保管庫



Before:六角レンチを収納している工具箱



After:作業台のすぐ横の棚の上



After:横の棚から取って作業台の上にセット。保管庫からの出し入れが不要になった。


六角レンチスタンド お客様の声

試験時の冶具のセットやメンテナンス時

共有の工具箱に戻すが出入れに手間が掛かること

京都ビジネス交流フェアのブース訪問者からの情報

ブース訪問者が応募した。と聞いています。

Q2の通り使用量の出入れ時間を短縮させるため

作業台にセットして使いたい時に即座に使用が出来て良いが
作業場所が多岐のため全社への展開は難しい

posted by TSUKAGUCHI at 11:47| Comment(0) | 製造業

2019年03月03日

京都ビジネス交流フェア2019 に出展いたしました。

2019年2月14日〜15日の2日間、京都パルスプラザにて開催されました、
京都ビジネス交流フェア2019に出展いたしました。

たくさんの方に弊社の展示ブースへとお立ち寄りいただき、誠にありがとうございました。

今後とも 塚口鉄工所 TSUKAGUCHI をよろしくお願いいたします。

続きを読む
posted by TSUKAGUCHI at 15:32| Comment(0) | 日記